壁紙がボロボロになった後でも快適に過ごせる空間及び元通りになるための情報

壁紙の種類を押さえてリフォームに繋げましょう

壁紙を使用している建物でも、経年劣化に伴い剥がれや汚れは生じてしまいます。喫煙者がいればタバコのヤニ、お子さんやシニアがいる家庭の場合は汚物や落書きなどの汚れが付着をする外的要因もありがちな要素です。しかし、大元の原因は直射日光や紫外線などの外気による影響や張り付けている糊の劣化です。壁紙の耐用年数は、概ね10から15年で造られており、その年数を過ぎれば何かしらの劣化が起こりやすくなります。また、クロスタイプの壁紙は、たとえ工務店の職人に定期的なメンテナンスを依頼をしても、収縮をしてしまう性質があります。湿気がとても多い場所など、建物の状況によっては1年で何らかの劣化が起こります。

できるだけ劣化を防ぐためには、定期的な換気を行い、空気の循環を良くしましょう。雨天時でなくても、キッチンや浴室など湿気がこもりやすい場所なら注意が必要となります。破れたり浮き出た場所が見つかった時は、小まめな補修は有効な手段です。ホームセンターであれば補修キッドがあり、施工に関するスキルがあれば問題なくできます。ただし、自分では難しいと感じた時はプロの職人に任せましょう。

少しばかり壁紙に劣化がある際に、放置しても良いと考える人はいます。しかし、見栄えに悪い以外にそこから外壁から入り込んだ雨水や空気による影響で、雨漏りやカビが発生します。ハウスアレルギーを抱えている人が建物を利用する際は、健康面に負担が生じます。その他、建物全体の劣化や隙間風が入ることで余計な電気やガスの使用にも繋がりかねません。そのため、放置をしてもメリットはありません。

なぜ壁紙がボロボロになるのか?そして放置しても良くないのは?

建物で使用する壁紙の種類は複数あります。壁紙がボロボロになり、職人に施工を依頼する際に用途に合った壁紙を選ぶ必要があります。特に10年単位で使用をするとなれば、できるだけコスパの良いものを選びたいところです。いくつか紹介するので、参考にしてください。

塗装も1つの方法

壁紙がボロボロになった時に、塗装をすることも可能です。塗料も種類が複数あるので、好みやライフスタイルに合ったものを選ぶ楽しみ方も見つかります。しかし、出来栄えが悪いと塗り斑などが目立ってしまうので、施工の技術も求められます。上手に施工を行い、快適な住空間にしましょう。

施工は自分でするのが良いか職人にお願いするのが良いか?

壁紙のクロス貼りにしても塗装による作業を行う場合でも、職人にお願いするケースがあります。技術はあるでしょうが、選ぶ作業も欠かせません。実績はホームページや口コミなどで確認をする方法もありますが、見積もりや相談をしないと見えないことも多いです。そこで、自分にあう職人を見つけて行きましょう。