壁紙がボロボロになった後でも快適に過ごせる空間及び元通りになるための情報

なぜ壁紙がボロボロになるのか?そして放置しても良くないのは?

ビニールクロスと紙クロス

日本の住宅で使用されている壁紙の1つに、ビニールクロスがあります。塩化ビニールタイプの樹脂を主な原料にしており、シートに紙などを裏打ちを行い、製造されています。価格が安めであるうえ、耐久性の高さがあります。水も通さない素材なので、油汚れが付きにくいうえ拭き掃除も簡単にできます。しかし、有害物質のホルムアルデビドが接着剤で使用されています。シックハウスのようなアレルギー症状を抱えている人が建物を使用する場合には適しません。

紙クロスは音を吸収してくれるうえ、通気性が良いです。特に賃貸経営者の場合は、他の住民への影響を抑える効果もあります。デザインの種類が豊富にあるため、自分好みのものが見つかりやすいです。ただし、薄めの素材なので、凸凹のある壁に使用する際には技術が必要となります。また、使用する場所によってはすぐに剥がれてしまいます。

その他の壁紙

自分好みの壁紙の素材を見つけたい人には、用途に合ったものがあります。例えば、織物クロスなら不織布やシルクなど、バリエーションが豊富にあります。高級感や重厚感を漂わせてくれるので、ゆったりとした空間を提供できます。また、自然材料なので健康面のリスクは少ないです。通気性が良いので、湿気が多い場所にも快適に過ごしやすくなるでしょう。しかし、取り扱っている業者は少ないです。

無機質系は、漆喰など不燃性の髪の上面に施しています。防火性にも優れているため、高い安全性を得られます。また、塗装のようは空間を堪能できます。なお、汚れやカビが生じた際に手入れを行うなら、水拭きではシミになりかねません。汚れた部分を消しゴムで落としたり、乾いたタオルで叩いて拭き取るようにしましょう。